転職の不安を解決!

男性の身だしなみ

第一印象が大切!

転職をする際に必ず行われるのが面接です。
男性の場合は特に第一印象が良くなければ合否に大きな影響を与える可能性も高いため、身だしなみには十分注意する必要があります。
具体的にどのような点に注意するべきか確認しておきましょう。

参考:面接の身だしなみ ~男性編① 服装~

・髪型
職種にもよりますが、一般的な職業の場合はカラーリングをしていない黒髪で、短く整えられた髪型にして下さい。
パッと見た時に明らかに「だらしない」と感じられるようなボサボサの寝癖が目立ったり、フケだらけの髪の毛だったりすると印象が悪くなります。
整髪料を使用しても問題ありませんが、あまりにもカジュアルな無造作ヘアにまとめるのはビジネスシーンには不向きです。
どんな年代の面接官にも好印象を与える髪型を意識して下さい。

・服装
転職先がどのような職場なのかによっても異なりますが、基本的には面接時はリクルートスーツで臨むのが一般的です。
スーツの色は黒や濃紺を選択しましょう。
スーツの中に着るYシャツやネクタイの色をどうするべきか迷う方も多いですが、清潔感のある第一印象を与えるためにも白シャツにシンプル系のネクタイを選んで下さい。
どうしても自分でチョイスするのが難しい場合は紳士服売り場の担当者に相談しながら購入しておくと後々便利に活用できます。
靴下は面接時に腰掛けた時に必ず見える部分ですが、多くの方がいつも履いているカジュアルなものを選択してしまいがちです。
できるだけ靴下もシンプルなものを選択し、目立ちやすい派手な柄ものは避けるようにして下さい。
靴はスーツに合わせてビジネスマン用の革靴を用意しておきましょう。
ヨレヨレにくたびれた靴を履いているとあまりにもイメージが悪いため、せめて面接時には新しい靴を用意しておくことをおすすめします。

・顔
女性の場合は必ずメイクをしますが、男性でメイクをする方はほぼいません。
その代わりとして必ず処理して頂きたいのがヒゲです。
職場の中には自由な社風でヒゲでもOKな場合がありますが、せめて面接の時にはヒゲをきちんと落として清潔感を出さなければいけません。
ヒゲを伸ばしている男性に対して嫌悪感を抱く方も多いため、きちんと処理しておくように心がけましょう。
眉毛に関してはあまりにも形を整えすぎていると逆に悪い印象を与えかねない場合があります。
かなり細くして、いかつい印象の顔になっていると好印象を与えるとは思えません。
皮脂が多くてベタつきがちな方は、面接の直前に顔を洗って余分な皮脂を落としておくと良いでしょう。


Filed Under: - Comments: Comments are off for this article



Comments are closed.

top