転職の不安を解決!

女性の身だしなみ

清潔感のある女性と印象付ける

女性が面接を受ける際に身だしなみで気をつけて頂きたいのが、清潔感のある印象を与えることができるかという点です。
実際に勤務する際には服装は自由とされていても、面接の際にはきちんと身だしなみを整えておかなければ好印象を与えることができません。
実際にどのような身だしなみにするべきか確認しておきましょう。

参考:面接の身だしなみ ~女性編① 服装~

・髪型
カラーリングをしている女性が多いですが、面接の際には黒や栗色程度の茶色に髪色を戻しておくようにして下さい。
明るすぎる髪色は一般職ではあまり受け入れられません。
長い髪の毛はきちんと束ねるか、まとめて下さい。
できるだけ顔を出す髪型が望ましく、前髪が長すぎてサイドの髪の毛が顔を覆ってしまうような髪型は避けて下さい。
例外としてファッション業界への転職についてはファッションセンスを重視されるため、自分に合っている髪型なら特に問題ありとされないのでご安心下さい。

・服装
転職活動を成功させるためには服装をきちんと整えておくことも大切です。
一般的には黒や濃紺、グレーなどのスーツを着用しましょう。
パンツかスカートかで迷う方も多いですが、本来であれば似合う方ならどちらでも良いと考えられますが、できれば女性らしさを演出できるスカートの方が好まれる場合が多いです。
ストッキングは自分の肌色に合わせて不自然にならないものを選択して下さい。
靴を選ぶ際にはヒールが高すぎないものを選んで下さい。
歩く時にもコツコツと音を立てると悪い印象を当たる可能性が高くなります。
ヒールの高さは最高でも5センチくらいを目安にし、できるだけ音を出さないように歩いて下さい。

・顔
女性が転職活動の面接で一番気を使うのがメイクだと思います。
清潔感のある印象を与えるためにもナチュラルメイクを徹底して下さい。
ファンデーションはあまりにも厚塗りになるとナチュラルメイクとは程遠い印象を与えてしまいます。
できるだけキレイに見せたいのはわかりますが、面接時に悪い印象を与えないのであれば逆効果になることを忘れないで下さい。
アイラインをバッチリ引いて、つけまつ毛でパッチリ目にして、アイシャドウで目力をつけるというコテコテのアイメイクは避けて下さい。
口紅も明るすぎる色はNGで、薄いベージュ系やピンク系など自然な明るさを演出できる色合いを使用するように心がけて下さい。

この他にも派手なネイルは避けることと、華美なアクセサリーは身につけないように心がけましょう。


Filed Under: - Comments: Comments are off for this article



Comments are closed.

top