転職の不安を解決!

履歴書の注意点

第一印象は書類で決まる

あなたが転職活動をすることになった場合、真っ先に取り組まなければいけないのが履歴書を用意することです。
応募をする際には必ずと言っても良いほど履歴書の提出を求められますので、あらかじめ用意しておく必要があります。
たかが書類だと侮っていては転職活動が成功しません。
正しい書き方を理解していなければ、書類選考の段階で落とされてしまうこともあります。
まずは第一関門でもある書類選考をパスして、何としてでも面接にこぎつけるためにも履歴書で注意しなければいけない点を確認しておきましょう。

誤字脱字は言語道断!

履歴書は必ず人事担当者が目を通すため、できるだけ丁寧な文字で書くことが大切です。
元々あまり上手な字を書けないという方は、丁寧に読みやすい文字を書くように心がけてください。
気持ちが込められてないと確実に字が乱れるため、相手にも気持ちが伝わらないものです。

絶対に注意しなければいけないのは誤字脱字です。
社会人として恥ずかしいだけではなく、初歩的なミスも気が付かないような人を採用しても会社に利益をもたらさないと評価されて書類選考で漏れてしまいます。

志望動機は特に大事

履歴書の中でも特に気合を入れていただきたいのが志望動機の欄です。
なぜあなたがこの会社に入りたいと思ったのかという熱意が伝わるような文章を書くことが大切です。
どんなにあなたがこの会社に入りたいと願っても、会社が求めているような人材でなければ採用される見込みは少ないと考えてください。
会社にとってあなたが必要な人材であることをわかってもらえるような文章を書くことが大切です。
例えばあなたが持っている資格を十分に活かせる仕事であるか、自分が得意としている仕事で会社に必ず利益をもたらす人材であるかなどをアピールできると非常に評価が高くなります。
全く熱意も伝わらず、自画自賛するような高飛車な志望動機になると採用は難しいと思ってください。

取得予定の資格も有利になる

履歴書にはあなたが取得している資格について記載する欄があります。
持っている資格はできるだけ多く記載した方が印象も良くなりますが、全く関連性のない資格ばかりアピールをしても「この人はうちの会社で一体何をしたいのだろうか?」疑問を持たれてしまいます。
できるだけ関連性のある資格をアピールすることが大切ですが、特に資格を持っていないという場合は、関連性のある資格取得に向けて勉強中であることをアピールすることも効果的です。
例えば本人希望欄で希望する職種を記載した場合は、関連する資格取得に向けて現在勉強中であることをアピールして意欲があることをわかってもらえるようにしてください。
ただし、嘘を記載してはいけないので十分注意しましょう。


Filed Under: - Comments: Comments are off for this article



Comments are closed.

top