転職の不安を解決!

転職のきっかけ

転職を考える人は、どんなきっかけで仕事を変えたいと思うのでしょうか?

収入面

一番の理由は、「収入面の条件が悪い」ということが挙げられると思われます。

新卒で入社したときは、お給料が安くても仕方がないと理解していても、頑張って働いているのにまったく収入が上がらなかったり、ボーナスも上がらなかったりすると、仕事に対するモチベーションが下がってしまいますよね。
こうしたことから、「もっと条件のよい会社があるんじゃないか」と考えて、仕事を変えることを検討される方が多いようです。

雇用条件

次に、収入面と似ているかもしれませんが、雇用条件があまりにも悪いということも、転職の動機として挙げられます。
残業が多すぎる、残業代がつかない、ボーナスがないなど、入社前にはわからなかったけれど、いざ会社に入ってみたら、「これはちょっと」と思うような雇用条件だった、というときは、やっぱり仕事を変えようと考えてしまいますよね。

人間関係

人間関係も、転職を考えるきっかけになるのではないでしょうか。
どうしてもうまくやっていけない上司や同僚がいる、職場でのいじめにあってしまった、という人はかなり多いようです。
ひどいケースになると、職場での人間関係のトラブルから、うつ病を発症してしまうこともあり、そうなると仕事を続けていくこと自体が困難になってしまいます。

キャリアアップ

そのほか、キャリアアップしたい、キャリアチェンジしたいという場合も、転職をすることになります。

例えば大手企業の場合、もっと上を目指したいけれど、上が詰まっていてなかなか昇進できなかったり、これからやりたいと思う仕事があっても、こちらもなかなかチャンスに巡り合えないということがあるようです。
そのようなときは、もっとチャンスが多い会社や自分の可能性を試すことができる会社で働きたいと思うのは自然なことですよね。

ただ、キャリアチェンジでの転職は、未経験から始まるわけですから、なかなか難しいと言われています。
若い方であれば、未経験での中途採用でも採用されやすい傾向にありますが、ある程度年齢を重ねてしまうと、未経験での中途採用は厳しいようです。
実務経験がなくても、何かその仕事に関係する資格を取得している場合は、即戦力として力になれるかもしれないため、採用されることもあるようですが、同時期に応募した人で経験者の方がいらっしゃれば、そちらの方を採用することが多いかもしれません。

またキャリアアップしようと思う中には、方海外留学を選ぶ人もいます。
日本では学べないことというものが海外なら出来ることもあるので、なにかやりたいことがあるのなら早い段階で海外へ出てみるというのもひとつの手かもしれません。

さらに将来のことを見据えたりやりたいことが決まっていて、高校卒業と同時にアメリカの大学へ進学する人もいます。支援サポートなども充実(高校生のアメリカ留学|奨学金について)しているので、昔に比べ金銭的な理由で留学を諦めなくてもいいようになってきています。
今の時代、色々なチャレンジ方法がある中で、自分がどれを選ぶのかが重要になってきているのかもしれません。

このように、仕事を変えるきっかけというのは本当にさまざまですので、「このきっかけは正しい」「こういう理由は正しくない」という考え方はありません。
そのため「仕事を変えたいけれど、こんな動悸じゃだめかな」と思わないで、ぜひチャンスのあるときにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

転職についての知識

以下のリンクでは転職について知っておきたいことをまとめました。
ぜひご参照ください。

▼転職活動期間はどれくらい?
▼第2新卒の転職について
▼転職は何歳が限界?
▼転職を成功させるために


Filed Under: - Comments: Comments are off for this article



Comments are closed.

top