転職の不安を解決!

キャリアアップ転職

向上心を持って転職したい

仕事をするからにはキャリアを積んでやり甲斐を感じるようになりたいと考える方も多いです。
日本は年功序列という考え方が残っている会社が非常に多く、実際には上司としての実力がないにも関わらず勤続年数が長いという理由だけで出世をして、上司という立場にあぐらをかいて部下を顎で使っているような人があまりにも多いです。
本当は部下である自分の方が有能だと自信があるのに、ただ威張っているだけの上司の下ではこれ以上働けないと我慢の限界を感じ、転職を決意する方もたくさんいます。
転職のきっかけになったのは自分自身のキャリアアップを図るためとする方も多いですが、確実に成功させるためには冷静になって考えなければいけません。

抽象的な理由ではNG!

転職を決意した理由がキャリアアップをしたかったという理由であっても、実査に転職活動をして面接を受けた際にそのまま面接官に伝えても本気度が伝わりにくいものです。
キャリアアップをしたいという気持ちはわかりますが、具体的な内容ではないため本気で転職をしたいのかを理解してもらえない可能性があります。
あなたが将来的にどのようなビジョンを描いてキャリアアップをしたいと言っているのかをわかってもらうことが大切です。
説得力のある志望理由を伝えるためにも、具体的にどのようにキャリアアップをしたいのかを考えるようにしてください。

キャリアアップを目指すために確認したい事

実際に転職活動をするにあたって、自分自身を見つめ直すことはとても重要な事です。
この先のキャリアを積み重ねるにあたって、あなたが志望している会社は本当に理想的な職場なのかをよく考えてみなければいけません。
意を決して転職をしたのに、前の会社よりも職場環境が悪くてキャリアアップどころか、自分がやりたい仕事すらできない状況になる可能性があります。
会社側が求めている人材と、あなたがキャリアアップのためにどのような仕事を実現したいのかが一致しなければ、不採用とされる可能性があります。

本当に会社をやめてしまってから転職活動を始めるのか、仕事を続けながら転職活動をするのかによっても対応が異なるため、よく考えて行動に移すことが必要です。
会社を辞めてしまってからでは後悔しても遅いので、しっかりと下調べをしてから転職活動を始めても良いかもしれません。

キャリアアップを目的として転職活動を始めようとしている方は、必ずしも自分が理想としているプランに沿って実現するとは限らないことを覚えておかなければいけません。
これまでの経験がしっかり活かせる仕事内容や職場環境が整っているのかを確認するだけでなく、自分自身でもスキルアップを図ってキャリアに繋げる努力も惜しまないようにしてください。


Filed Under: - Comments: Comments are off for this article



Comments are closed.

top