転職の不安を解決!

異業種への転職

今までと違う世界に飛び込む

転職をするきっかけは人によって様々だと思いますが、今までの仕事とは全く違った異業種へ転職したいと考える方も多いです。
慣れた仕事をガラッと変えようとすることはとても勇気が必要なもので、そう簡単には決意できないはずです。
それでもあえて異業種へと転職をした結果、成功を掴んでいる方も少なくありません。
異業種転職を実現させた方が成功した秘訣について確認してみましょう。

できるだけ若い方が有利

異業種へ仕事を変えた方は様々な年代の方がいますが、年齢が若い人ほど採用されやすいと考えられます。
年齢が高くなるほど異業種は採用されにくくなるのは、即戦力として仕事に従事してもらうのが難しいと判断されるからです。
まだ年齢が若い段階ではこれから育成して良い人材になって欲しいとの期待も込められますが、年齢が高くなるほど柔軟に対応することが難しいと判断されます。
どうしても頭が固くなってしまうため、今までとは全く違った仕事を始めても、なかなか馴染めなくて結局は仕事を辞めてしまうという事例が多いです。
現在の仕事とは全く違った仕事に就きたいと考えている場合は、できるだけ早い段階で検討した方が良いでしょう。

業種が違っても職種が同じなら有利になる

今までとは全く違った業種の仕事をしたいと考えている方の中には、今まで頑張ってきたスキルを活かせる仕事に就きたいと考えている方も多いです。
例えば今までは商社の営業職として仕事をしていた人が、医療品メーカーの営業として転職して成功するケースがあります。
この場合、業種は変わっていますが、営業としてのスキルを活かした良い成功例といえます。
この事例のように業種は全く違って取り扱っている商品も違うのに、職種は同じというケースでは転職活動も成功しやすいと言われています。
前職で培ったスキルを新しい会社でも十分に発揮できると自信を持って説明することができれば、必ず有利になると考えられます。
ただし注意しなければいけないのは、前職とのギャップに悩む場合があるかもしれません。
前職よりも働きやすい環境を提供している職場なら問題ありませんが、逆にノルマがきつかったり、人間関係が悪かったりして働きにくいと感じる場合があります。
同じ職種ではなく、思い切って職種も全然違う仕事に就いた方が良かったと後悔するかもしれません。

異業種へ仕事を変えようと検討している方は、良くも悪くも前職の仕事内容とあまり比較しない方が良いです。
できるだけ新しい環境に慣れて、心機一転を図ることが大切であり、過去のことを振り返ってばかりではせっかく決意した転職も失敗に終わるかもしれません。
今までの自分は捨てる意気込みで、新しい職場に慣れることに集中しましょう。


Filed Under: - Comments: Comments are off for this article



Comments are closed.

top