転職の不安を解決!

公認会計士

企業には欠かせない会計のプロ

どんな会社であっても日々の営業活動でお金の出し入れが発生しているものです。
きちんと収支を記録して、決算時に正しい会計報告を実施するのが会社としての責務です。
会計処理を実施する中で、多くの会社が公認会計士に監査を依頼しています。
公認会計士は様々な会計を取り扱う専門家としてトップに君臨する資格になります。

公認会計士は国家資格ですが、現在は受験資格が存在していません。
以前よりも敷居が低くなったことで、幅広い年齢層の方がチャレンジしやすくなった資格です。
敷居が低くなった分、あまり重宝される資格でなくなったのではないかと懸念する声も聞かれますが、間違いなく今後も会計に関する専門家として重宝されるのは間違いありません。

ただし、公認会計士の有資格者が増えることによって、多くの人が就職先として志望する監査法人にも限りがあるため、就職難になる可能性が高いという問題があります。
必ずしも全ての合格者が監査法人への就職を選ぶとは限りませんが、ほとんどの方は第一志望として監査法人をあげるほど人気が高いのは事実です。
せっかく苦労をして公認会計士の資格を取得したのに、肝心の就職先がないのでは報われないと感じている方も多いでしょう。

どうしても監査法人を目指したいという場合は頑張るしかありませんが、もう一つの選択肢としては一般企業への就職も視野に入れて検討すると良いです。
どんな会社であっても会計処理は必ず行わなければいけないため、高度なスキルを持っている公認会計士を採用できれば日々の業務で専門的な意見を聞きながらより良い経営を目指すことができます。
場合によっては優遇して採用される可能性もあるため、積極的に色々な選択肢を考えることが大切です。

参考:公認会計士転職動向

公認会計士のメリット

公認会計士の試験に合格するのは決して容易なものではありません。
会計処理に関して高度なスキルが問われるため、生半可な気持ちで勉強に取り組んでいては合格を目指すのは難しいと考えてください。
それでも16歳という若さで合格している方もいますので、絶対に合格できないものではないことを覚えておきましょう。
人によっては長期に渡って勉強を続けなければなかなか理解できない内容かもしれませんが、基本をしっかり抑えながら確実に覚える努力を重ねていれば大丈夫です。

公認会計士に合格して実務経験を経ることで晴れて公認会計士として認められることになります。
立場としては医師や弁護士に匹敵するほどの高いスキルを持つ士業として認識されるため、資格を持っているだけでも実力が高い人物だと認識されます。
他の職種に比べると収入も安定していると考えられるため、生涯に渡って安心して過ごせる職種になります。


Filed Under: - Comments: Comments are off for this article



Comments are closed.

top