転職の不安を解決!

色彩検定

クリエイティブ系の仕事に有利

転職をする際には様々な検定試験に合格している実績をアピールすると有利になりますが、特にクリエイティブ系の仕事に就きたいと考えている方におすすめなのが色彩検定です。
この検定試験では色彩に関する専門的なスキルが問われます。
クリエイティブ系の仕事ではセンスの良さが問われますが、基本的なスキルを習得できていなければセンスの良さを認められにくいものです。
特に色彩のスキルに関しては様々な分野で活かすことができ、ファッション関係や美容関係、インテリア関係などあらゆる職種に共通して取得しておくと有利になるのは間違いありません。

色彩に関する検定試験は主催している団体によっていくつか種類が存在しています。
その中でも20年以上の実績があり、これまでにも多くの方が合格して社会的にも認識されているのが色彩検定になります。
仕事に活かすだけでなく、プライベートでも活用できるスキルになるため幅広い年齢層の方がチャレンジしています。
仕事として活かしたいと考えている方は上級を目指すことになりますが、等級が上がるほど難易度がアップするため、合格しているだけでも転職の際に有利になると考えられます。

参考:就職、収入について

比較的敷居が低い技能検定

色彩検定は3級から1級までの等級があります。
3級は色彩に関して基本的なスキルを習得しているかが確認される内容になっており、どなたでもチャレンジしやすい入門的な試験内容になっています。
合格率も高く、平均して受験をした方のうち70%以上の方が合格しています。

2級になると3級の基礎知識を受けて更にステップアップした内容が問われます。
インテリアやエクステリア、ファッションなど専門的な分野の内容も盛り込まれてくるため、仕事としてスキルと活用したいと考えている方にとっても役立ちます。
合格率は3級よりも若干下がりますが、60%前後の合格率が多いため決して難易度が低いわけではありません。
試験に備えてしっかり勉強していれば一発合格も目指せます。

1級では更に専門的なスキルが問われるため、難易度が更にアップします。
十分な勉強をしなければそう簡単には合格できないレベルだと考えてください。
合格率も30%前後に留まるため、決して安易に考えていては合格ができないレベルです。
3級や2級に比べると1級の合格率がかなり下がってしまうのは、マークシート方式の試験問題に加えて記述式と実技の試験が存在しているからです。
マークシートの場合は正しい解答を選択肢から選ぶだけなので、きちんと勉強をしていれば迷うことはありませんが、記述式になるとかなり難しく感じられます。
しっかりとテキストの内容を把握できるレベルに達していれば決して恐れることはありませんので、確実に合格できるように試験当日まで勉強を積み重ねてください。


Filed Under: - Comments: Comments are off for this article



Comments are closed.

top