転職の不安を解決!

インテリアコーディネーター

活躍の場が多い資格

主に女性の転職に強い資格として注目されているのがインテリアコーディネーターです。
インテリアに関わる仕事に携わる方に役立つ資格で、女性が職場復帰をする際に役立つ資格として積極的に取得を目指しています。
快適な住まいを演出するために欠かせないインテリアは、センスの良さが大きな影響を与えます。
専門的な知識を持つインテリアコーディネーターがアドバイスをすることで理想的な住空間を作ることができるため、住環境に関する職場で重宝される資格です。

合格を狙いやすい資格

インテリアコーディネーターの試験は受験資格が特に設定されていません。
学歴や実務経験が問われないため、どなたでもチャレンジすることができます。
今までインテリア業界に全く携わった経験がない方でも、インテリアが好きで自分でコーディネートを楽しみたいと意欲がある方なら必要な知識もすんなりと覚えやすいため、未経験者でも一発合格を目指しやすいと言われています。
マークシート方式の一次試験と論文とプレゼンテーションを行う二次試験が実施されます。
一次試験を突破したものの、残念ながら二次試験で不合格となってしまった方は、3年間は一次試験が免除されますので二次試験だけに絞って試験対策を行いやすくなります。
見事二次試験にも合格した方はインテリアコーディネーターとして登録することができます。
一度登録すると5年間有効になり、インテリアコーディネーター証が交付されることになります。
必ず申請期間に手続きを終えなければ、せっかく合格したのに登録する権利が失われてしまうため十分ご注意下さい。
5年目以降も更新する場合は、4年目に所定の研修を修了して更新手数料を支払って、手続きを完了させて下さい。

資格取得をしておくと転職の際に有利になる職場は住宅メーカーや工務店、建材メーカー、百貨店、不動産会社、家具店、ホームセンターなどたくさんあります。
これらの職場では社員に対して資格取得を推奨している場合も多いため、転職志望者が最初から取得していると即戦力として仕事に従事してもらえるので優遇して採用してくれる可能性が高いです。
求人案件の中でも有資格者が望ましいと指定している場合もあるため、良い条件を提示している職場であれば積極的に応募してみるようにして下さい。
雇用形態も正社員だけでなく、パートやアルバイト、契約社員などの雇用形態でも募集している場合が多いため、働きやすい条件を提示している職場を探しましょう。


Filed Under: - Comments: Comments are off for this article



Comments are closed.

top