転職の不安を解決!

販売士

小売業界で有利になる資格

スーパーや百貨店など小売業界や流通業界の中で優遇される資格として知られているのが販売士です。
販売に関する専門的なスキルを持ち、仕入れからマーケティング、接客などお客様に満足してもらいながら商品を販売する力を発揮できるのが販売士の有資格者です。
小売や流通業界の中でも唯一の公的資格として知られており、最も権威のある資格になります。
販売に関する職場に転職する際には必ず有利になる資格なので、積極的に取得を目指したいものです。

参考:販売士

職種によっては必須のスキル

販売士は3級から1級まで3段階あります。
3級では販売の仕事を担当するために必要な基礎的な知識と技術を習得することを目的としており、2級では更に専門的なスキルを習得しながら管理業務や部下に指導する能力を習得します。
1級は高度な専門知識を有して、経営にも関わる管理職として必要なスキルを習得します。
3級と2級は比較的合格率は高めですが、1級の合格率はかなり低くなっており難易度がかなり高いことがわかります。
それぞれ5年間の有効期限が設定されており、期限が近づくと販売士として登録している商工会議所から通知が来ます。
更新する際には講習会を受講するか、通信教育を受講して手続きを行うか、上位級の資格取得をすることが必要になります。
販売士の試験を受験するには特に必要とされる学歴や実務経験がありません。
どなたでも自由に受験することができ、いきなり最初から1級取得を目指すこともできますが、基礎的な知識が身に付いていなければなかなか理解できない部分も多いので、できれば3級から段階を踏んで学習を進めていくか、販売経験がある方は2級から取得を目指すことをおすすめします。
試験は3級が年2回実施され、2級と1級は年1回の実施になります。
販売士の試験に合格するとカードの認定証と合格証書が交付されます。
別途数百円必要になりますが、希望者には合格章としてバッジを交付することもできます。

販売士の有資格者が有利になる職種としては、3級は小売店の販売員、2級は小売店の中堅管理職、1級は管理職に役立ちます。
上位級を取得することでキャリアアップを目指すこともでき、資格を取得していなければ昇給できない職場も存在しているため積極的に合格を目指したいものです。
小売店に限らず、一般企業の営業職にも役立ち知識を習得できることや、製造業や卸売業でも応用できるスキルです。
どんな職種であっても決して無駄にならない資格なので、転職を考えている方はぜひ取得を目指して下さい。


Filed Under: - Comments: Comments are off for this article



Comments are closed.

top