転職の不安を解決!

転職失敗者の声

意外と多い失敗談

思い切って転職を決意して新しい職場で仕事をしてみたものの、期待とは裏腹な職場に愕然としてしまうケースがとても多いです。
失敗を恐れていると本当に転職をして良いものか不安を感じるため、行動に移せない場合がありますが、失敗した方の体験談を教訓にしてどうしたら転職を成功させることができるのか考えてみましょう。

・求人案件と仕事内容が違う
求人案件に記載されていた仕事内容が自分に最適だと思って転職を決意し、見事採用してもらえたので喜んで勤務すると、求人案件に記載されていた仕事とは全く違ったことで結局辞めてしまうケースが少なくありません。
例えば、歯科医院で受付の求人案件があったのを見て応募したところ、即採用が決定して早速出勤したところ、急に歯科助手として働くことを指示されてしまい、右も左もわからない状態で助手として仕事をすることになったという方がいます。
きちんと指導をしてくれないまま突然治療の現場に出されてもわからないことばかりなので、当然使い物になるはずがありません。
歯科衛生士からも罵倒される始末で、結局はすぐに辞めてしまったそうです。
このようなケースに陥らないためにも、実際に勤務する前に念を押して仕事内容を確認する必要があります。

・職場内の雰囲気
「アットホームのような社風です!」とアピールしている求人案件を見て、働きやすい雰囲気の職場に違いないと感じて応募してみると、従業員があまりにもだらしなくて、本当に仕事をしているのか?と疑いたくなるような雰囲気の人ばかりでがっかりしてしまったというケースが多いです。
アットホームという言葉を履き違えているのではないかと感じるほど、いい加減な人ばかりで、自分はスキルアップやキャリアアップを目指して転職を決意したというのに、こんな会社ではとても自分の実力を発揮できそうもないと感じて辞めてしまう方が多いです。
ちなみに「アットホームのような雰囲気」というフレーズはいわゆるブラック企業と呼ばれる過酷な労働環境の仕事を強いられる会社の求人案件によく見られると言われています。
職場内の雰囲気は実際に勤務してみなければわからない部分が多いですが、その会社について口コミなどを調べてみると様々な意見が見つかるものです。

参考:転職失敗体験記

このように実際に失敗した体験談を参考にしてみると、何に気をつけて転職先を探すべきなのかが見えてきます。
様々な事例を参考にしながら、理想の職場を見つけるようにして下さい。


Filed Under: - Comments: Comments are off for this article



Comments are closed.

top