TOEIC

どんな会社でも必須の資格になる!?

日本人は他の国と比較すると外国語に対する苦手意識が強い人が多いと言われています。
現在の大人は中学校の段階で初めて英語を習った人が多いため、苦手意識に拍車をかける結果に繋がっているとも言われています。
一度苦手だと感じてしまうと克服するのが難しいため、できるだけ苦手意識を感じない段階から外国語に慣れ親しむことが大切だと言われています。
今後は小学校の低学年から英語が必修化される予定になっているため、英語に親しむ機会が増えていくと考えられますので、大人になってから英語を苦手と感じる人が少なくなるかもしれません。
特に英語教育が重視される理由としては、世界各国で公用語として使われている英語を理解できなければ今後の国際社会で活躍することができないからです。
英語力がある人とない人では企業からの評価が全く違います。
今後はどの企業も英語力が高い人を採用しようとする動きが増えることが考えられるため、転職を考えている方はぜひ英語の習得を検討していただきたいと思います。

どれほどの英語力を持っているか判断するための検定試験として実施されているTOEICという資格があります。
英語に関する試験は色々存在していますが、英語力を判断するためには聞く能力と読む能力に長けていなければ実際にコミュニケーションを図ることは難しいです。
TOEICでは英語でコミュニケーションを図る能力を判断するために合否で判別されるわけでなくて、獲得したスコアで英語力が評価される特徴があります。

企業で求められるTOEICスコアとは

TOEICは他の検定試験とは異なり、合否が決められるものではありません。
あくまでも獲得したスコアによって個々の英語力が判断されることになります。
リスニングとリーディングの2分野で、各495点満点では合計990点満点にて評価される仕組みになっています。
それぞれの会社によって採用基準として最低でもこのくらいのスコアを獲得しているのが望ましいと提示されている場合があります。
例えば、外資系企業で取引先との商談やメールの問い合わせなどは全て英語を使わなければいけないという場合はビジネスレベルの英語力が必要とされるため、少なくても800点以上のスコアが必要とされる場合があります。
初歩的なレベルでも構わないので英語力が必要としている場合は600点前後のスコアでも良いとしている場合もあります。

できるだけ選択肢を多くするためにも、TOEICで高スコアを獲得していれば間違いなく有利になります。
TOEICのメリットは一年のうち10回の試験が実施されているため、何度でも挑戦しやすい特徴があります。
今回は600点だったから、次回は650点を目指そうという明確な目標を立てることができ、何度でも記録更新を目指せるメリットがあります。
転職を成功させるためにも、できるだけ高スコアを獲得できるように向上心を持って取り組みましょう。

また実際にビジネスで活かすためには「英語を話せる」という英会話力も必要になります。
ビジネスレベルで英語を使用するためには、TOEICで培われる読解力、語彙に加えて、スピーキング能力も重要です。
日常の英会話とは違う、プレゼン、交渉、メールなどビジネス独自のスキルが求められるのです。
外資系企業等に転職を考えられている人は、TOEICの取得とは別にビジネスに特化した英語を学ぶことをおすすめします。
【参考】ビジネス英会話教材|産経オンライン英会話